Alpha Tau Medical社、アルファ粒子線によるブラキセラピー(小線源治療)の治験結果をASTROで発表

Alpha tau medical 社(イスラエル)は、10月23日にアメリカ、テキサス州サンアントニオで開催されたAmerican Society for Therapeutic Radiation Oncology (ASTRO:米国放射線腫瘍学会)において、アルファ粒子線による小線源治療“Alpha DaRT Treatment”の治験結果を発表しました。

ヘカバイオは、Alpha Tau Medical Ltdとのパートナーシップによってこのアルファ粒子放射線による全く新しい固形癌治療の日本への導入を手掛けています。

イスラエルで実施された臨床結果は、30~45日間の経過観察が完了した15人の被験者のもので、完全奏効が73%、部分奏効27%(反応率100%)という結果になりました。被験者の中には手術を受けることが難しい健康状態の高齢患者や放射能治療を受けたが結果が思わしくなかった患者さんもあり、入院を必要としない部分麻酔による通院治療が可能となり、患者さんの負担を軽減できることが実証されました。

治験の内容については下の学会発表のポスターをご参照ください。


*日本語版ポスターについて

この資料はAlpha Tau Medical社が発表したポスターの翻訳であり、参考資料として提供するものです。正式言語は英語であり、その内容及び解釈につきましては英語版を優先します。



HekaBio K.K.

Daini Yanagiya Bldg. 1-12-8 Nihonbashi, Chuo-ku

Tokyo 103-0027  Japan  日本   +81-3-6205-7585

LI-Logo.png

© 2019 HekaBio K. K.​